規則集メニュー 50音順

重要なお知らせ

「 管財事件の手引(H31.4.1一部改訂)」を掲載いたしました。

メンタルヘルス・カウンセリング


ログアウト

沖縄弁護士会 規則集

 

裁判官選考検討委員会規則

投稿日:2018年12月12日

裁判官選考検討委員会規則
 
規 則 第33号
制 定 平成19年6月19日
 
第1条 本会に裁判官選考検討委員会(以下「委員会」という。)を設置する。
 
第2条 委員会は、最高裁判所が定める下級裁判所裁判官指名諮問委員会規則に基づき設置される下級裁判所裁判官指名諮問委員会及び地域委員会が適切に運営されるように協力するため次の事項を行うことを目的とする。
(1) 地域委員会委員候補者を九州弁護士会連合会に推薦すること。
(2) 地域委員会の運営に関する準則案を作成し、準則案の実施を申し 入れること。
(3) 地域委員会から本会に対する要求・依頼に基づく資料の収集及び 調査を行うこと。
(4) 下級裁判所裁判官指名諮問委員会規則第2条に規定する福岡高等裁判所管内の指名候補者及び同規則第3条に規定する任官希望者全員に関する個別資料収集・事実調査を行うこと。
(5) 新任希望者全員(福岡高等裁判所管内に限らない。)について必要な範囲で調査を行うこと。
(6) 裁判官としての適格性評価資料を作成して地域委員会に提出すること又は本会会員が裁判官としての適格性評価資料を作成して地域委員会に提出することを支援すること。
(7) 下級裁判所裁判官に対して行う人事評価に対し、情報を提供し、意見を提出すると共にその目的を達成するために必要な情報の収集・分析及び対応を検討すること。
(8) その他前各号に関連する事項
 
第3条 委員会は、5名以上の委員をもって組織する。
2 委員の任期は、2年とする。
 
第4条 委員会には、委員の互選により、委員長1名を置く。
2 委員会は、必要があると認めるときは、委員の互選により、副委員長を置くことが出来る。
 
第5条 委員長は、委員会の事務を総理し、副委員長は、委員長に差し支えがあるときに、その職務を代行する。
 
第6条 委員会は、必要に応じ、委員長が招集する。
 
第7条 委員会の議決は、出席した委員の過半数で決し、可否同数のときは委員長の決するところによる。
 
第8条 委員会の運営に関して、この規則に定めのない事項は、委員会の決議により委員長が定めることが出来る。
 
附 則
1 この規則は、日本弁護士連合会の承認があった日から施行し、平成19年6月19日から適用する。
2 この規則の施行後最初に選任される委員の任期は、第3条第2項の規定にかかわらず平成20年4月30日までとする。
 

 

ファイルのダウンロードはコチラ
NO DATA
NO DATA

前のページへ戻る