規則集メニュー 50音順

重要なお知らせ

「 管財事件の手引(H31.4.1一部改訂)」を掲載いたしました。

メンタルヘルス・カウンセリング


ログアウト

沖縄弁護士会 規則集

 

法科大学院に関する特別委員会規則

投稿日:2019年11月27日

法科大学院に関する特別委員会規則

 

第1条 沖縄弁護士会に法科大学院に関する特別委員会(以下「委員会」という。)を置く。

第2条 委員会は、以下の各号記載の事項をその責務とする。
(1) 法科大学院の運営、教育内容、教育方法等に関する調査研究
(2) 法科大学院に対する講師等の推薦・派遣
(3) 法科大学院との教育内容等に関する協議
(4) 琉球大学法科大学院支援基金(以下「支援基金」という。)の支出・管理運営に関し部会を設置し、会長に意見具申すること。

第3条 委員会は、5名以上の委員をもって組織する。
2 委員の任期は2年とする。
3 委員会に委員長1名、副委員長1名を置く。
4 委員長及び副委員長は委員の互選による。

第4条 委員長は委員会の事務を総理する。
2 委員長に事故あるとき又は委員長が欠けたときは、副委員長が委員長の職務を行う。

第5条 委員会は委員長が招集する。

第6条 委員会の議事は、出席者の過半数で決し、可否同数の場合には委員長の決するところによる。

第7条 委員会に琉球大学法科大学院支援資金管理運営部会(以下「管理運営部会」という。)を置く。
2 管理運営部会は、支援資金の支援対象、支援内容等を審議し、その支出及び運営管理につき会長に具申することを責務とする。
3 管理運営部会の部会委員は5名とし、委員会の委員の互選により選任する。
4 管理運営部会に部会長1名、副部会長1名を置く。
5 部会長及び副部会長は部会委員の互選により選任する。
6 運営管理部会は部会長が招集する。
7 管理運営部会の議事は、出席者の過半数で決し、可否同数の場合には部会長の決するところによる。

附 則
1 この規則は、日本弁護士連合会の承認があった日から施行する。
2 平成13年6月18日施行の法科大学院に関する特別委員会規則(以下「旧規則」という。)は廃止する。
3 旧規則に基づき設置された法科大学院に関する特別委員会は、この規則に基づき設置された法科大学院に関する特別委員会となり、同一性をもって存続するものとする。

 

ファイルのダウンロードはコチラ
NO DATA
NO DATA

前のページへ戻る