規則集メニュー 50音順

重要なお知らせ

「 管財事件の手引(H31.4.1一部改訂)」を掲載いたしました。

メンタルヘルス・カウンセリング


ログアウト

沖縄弁護士会 規則集

 

沖縄弁護士会業務適正化に関する調査室規則

投稿日:2019年06月07日

沖縄弁護士会業務適正化に関する調査室規則

(目的)
第1条 この規則は、沖縄弁護士会業務適正化に関する規程(以下「規程」という。)第2条第3項の規定に基づき本会に設置する業務適正化調査室(以下「調査室」という。)の組織につき定めることを目的とする。

(構成等)
第2条 調査室は、9名以内の室員をもって組織する。
2 室員は、弁護士経験5年以上の会員の中から、常議員会で選出し、会長が委嘱する。
3 室員の任期は、選任の年の4月1日から翌年3月31日までとする。ただし、再任を妨げない。
4 調査室に室長1名を置く。
5 室長は、室員の互選による。ただし、室長の再任を妨げないが、室長の在任期間は累積して3年を超えることができない。
6 室長は、室員の中から室長代行を指名することができる。

(兼任禁止)
第3条 室員は、本会の資格審査会、綱紀委員会又は懲戒委員会の委員又は予備委員を兼ねることができない。

(調査室会議)
第4条 調査室は、随時、調査室会議を開催する。
2 室員は、規程第4条各号に該当する事由がある事案又は規程第5条に該当する事由があると判断した事案の議事に加わることができない。
3 調査室会議の議事は、非公開とする。ただし、会長及び副会長はいつでも出席し、意見を述べることができる。また、室長が必要と認めるときは室員以外の者の傍聴を許可し、又はその者に意見を述べさせることができる。
4 前項により調査室会議に出席し、又は調査室会議を傍聴した者は、調査室会議の議事に関して知り得た秘密を漏らしてはならない。

(交通費等の支払)
第5条 室員が調査等のため次に掲げる支出をしたときは、本会に対し、費用支出に関する証憑書類を提出の上、費用の支給を請求することができる。
(1) 撮影、録音等のための費用
(2) 通信費
(3) 旅費及び宿泊費
(4) その他調査室が相当と認めた費用

附 則
この規則は、日本弁護士連合会の承認があった日から施行し、平成31年4月1日から適用する。

 

ファイルのダウンロードはコチラ
NO DATA
NO DATA

前のページへ戻る