規則集メニュー 50音順

重要なお知らせ

「 管財事件の手引(H31.4.1一部改訂)」を掲載いたしました。

メンタルヘルス・カウンセリング


ログアウト

沖縄弁護士会 規則集

 

沖縄弁護士会外国法事務弁護士による弁護士又は外国法事務弁護士の雇用に関する規程

投稿日:2018年12月12日

沖縄弁護士会外国法事務弁護士による弁護士又は外国法事務弁護士の雇用に関する規程

 
(目的)
第1条 この規程は、外国特別会員による弁護士又は外国特別会員の雇用に関し必要な事項を定めることを目的とする。
 
(定義)
第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。
(1)使用者 弁護士又は外国特別会員を雇用する外国特別会員をいう。
(2) 被雇用弁護士等 外国特別会員に雇用された弁護士又は外国特別会員をいう。
(3)権限外法律事務 外国弁護士による法律事務の取扱いに関する特別措置法(以下「特別措置法」という。)第3条及び第5条から第5条の3までに規定する業務の範囲を超える法律事務をいう。
 
(適用)
第3条 この規程は、契約の形式にかかわらず、外国特別会員が弁護士又は外国特別会員を雇用する場合に適用される。
 
(権限外法律事務の受任)
第4条 被雇用弁護士等が、使用者の権限外法律事務を受任するときは、自己の計算において、使用者から独立して受任しなければならない。
 
(被雇用弁護士等による説明)
第5条 被雇用弁護士等は、事件を受任するに当たり、当該事件に係る法律事務が使用者の権限外法律事務であるときは、依頼者に対し、使用者が当該事件を受任するとの誤解を生じないように適切な説明をしなければならない。
 
(被雇用弁護士等の職務の独立)
第6条 使用者は、権限外法律事務の取扱いについて、被雇用弁護士等に対し、雇用関係に基づく業務上の命令をしてはならない。
2 使用者は、被雇用弁護士等が前項の命令に従わないことを理由として、当該被雇用弁護士等に対する解雇その他の不利益な処分をしてはならない。
3 被雇用弁護士等は、使用者の権限外法律事務を取り扱うときは、特別措置法第49条及び第49条の2に規定するところにより、職務の独立が損なわれることのないよう自立的に行動しなければならない。
4 被雇用弁護士等は、使用者が行う権限外法律事務を処理し、又はこれに関与してはならない。
 
(雇用に関する届出)
第7条 外国特別会員は、弁護士又は外国特別会員を雇用しようとするときは、あらかじめ、次に掲げる事項を本会に届け出なければならない。
(1) 雇用される弁護士又は外国特別会員の氏名及び登録番号
(2) 雇用契約に期間の定めのあるとき その期間
(3) 雇用する外国特別会員の取り扱う法律事務の範囲
(4) 雇用される弁護士又は外国特別会員の取り扱う法律事務の範囲
2 外国特別会員は、前項の届出に係る重要な事項の変更をしようとするときは、あらかじめ、その旨を本会に届け出なければならない。
3 外国特別会員は、弁護士又は外国特別会員の雇用が終了したときは、遅滞なく、その旨を本会に届け出なければならない。
4 前三項に規定する届出に関する事項
は、別に規則をもって定める。
 
(付記)
第8条 本会は、前条第1項の規定による届出があったときは、外国特別会員名簿に次に掲げる事項を付記する。
(1) 雇用される弁護士又は外国特別会員の氏名及び登録番号
(2) 雇用契約に期間の定めのあるとき その期間
(3) 雇用する外国特別会員の取り扱う法律事務の範囲
(4) 雇用される弁護士又は外国特別会員の取り扱う法律事務の範囲
(5) 届出の年月日
2 本会は、前条第2項の規定による届出があったときは、当該届出に基づき、外国特別会員名簿に付記された事項を訂正する。
3 本会は、前条第3項の規定による届出があったときは、当該届出に基づき、外国特別会員名簿に付記された事項を抹消する。
 
(日本弁護士連合会への通知)
第9条 本会は、第7条第1項から第3項までの規定による届出があったときは、日本弁護士連合会に当該届出に係る事項を書面により通知する。
 
(記録の保存)
第10条 使用者及び被雇用弁護士等は、雇用契約が終了したときから三年間、被雇用弁護士等の名簿及び雇用契約書その他の第七条第一頃各号に規定する事項を記載した文書を保存しなければならない。
 
(本会及び日本弁護士連合会の調査)
第11条 本会は、特別措置法第四条、第四十九条又は第四十九条の三の規定に違反する疑いのあるときは、当該使用者又は被雇用弁護士等に対し、前条に規定する記録の提出を求め、その他必要な調査をすることができる。
2 使用者及び被雇用弁護士等は、前項
及び日本弁護士連合会外国法事務弁護士による弁護士又は外国法事務弁護士の雇用に関する規程第11条第2項に定める日本弁護士連合会の調査に協力しなければならない。
 
 
附 則
この規程は、日本弁護士連合会の承認を得て、平成17年4月1日から施行する。

 

ファイルのダウンロードはコチラ
NO DATA
NO DATA

前のページへ戻る