規則集メニュー 50音順

重要なお知らせ

「 管財事件の手引(H31.4.1一部改訂)」を掲載いたしました。

メンタルヘルス・カウンセリング


ログアウト

沖縄弁護士会 規則集

 

弁護士業務対策・法律相談センター運営特別委員会規則

投稿日:2018年12月12日

弁護士業務対策・法律相談センター運営特別委員会規則
 
規 則 第11号
制 定 平成3年5月8日
 
第1条 沖縄弁護士会に弁護士業務対策・法律相談センター運営特別委員会(以下「委員会」という。)を置く。
 
第2条 委員会は、弁護士業務の重要性に鑑み、弁護士業務の拡充及び強化、これに関する必要な調査、研究その他適切な措置をとること並びに沖縄弁護士会法律相談センター規程第3条第2項の規定により沖縄弁護士会法律相談センターの運営にあたることを職務とする。
2 委員会は、前項に規定するほか、日弁連中小企業法律支援センターと連携して、中小企業支援体制を拡充し、発展させるための諸問題について調査及び研究を行い、中小企業に対する支援体制の整備その他の活動を行う。
3 委員会は、前2項に規定するほか、沖縄弁護士会に登録を希望する新規登録弁護士に対し必要な情報提供及び登録後の業務支援活動を行う。
 
第3条 委員会は、前条第2項の活動として、次に掲げる事項を行う。
(1) 日弁連中小企業法律支援センターの行うコールセンター業務に対する本会の受入態勢の整備に関する事項
(2) 中小企業に対する相談窓口の設置及び相談業務
(3) 中小企業庁の行う中小企業支援業務との連携
(4) 商工会議所、商工会、業界団体等との連携
(5) その他中小企業の法的支援に必要な事項
 
第4条 委員会の委員は、5名以上とする。
2 委員の任期は、2年とする。
3 委員会に、委員の互選により委員長1名及び副委員長1名を置く。
 
第5条 委員長は、会務を総理する。
2 委員長に事故あるとき又は委員長が欠けたときは、副委員長が委員長の職務を行う。
 
第6条 委員の中から、第2条第2項及び第3項に規定する活動を担当する担当者をそれぞれ1名以上選任する。
 
第7条 委員会は、委員長が招集する。
 
第8条 委員会の議事は、出席した委員の過半数で決し、可否同数のときは委員長の決するところによる。
 
附 則
 この規則は平成3年5月8日から施行する。
 
   附 則(平成9年3月18日改正)
 題名、第1条及び第2条の改正規定は、日本弁護士連合会の承認を得て、平成9年4月1日から施行する。
 
   附 則(平成20年4月17日改正)
 第3条第1項の改正規定は、日本弁護士連合会の承認があった日から施行し、平成19年6月19日から適用する。
 
   附 則(平成23年7月12日改正)
1 この規則(以下「新規則」という。)は、日本弁護士連合会の承認があった日から施行する。
2 新規則施行の際改正前の弁護士業務対策・法律相談センター運営特別委員会規則第1条の規定に基づく弁護士業務対策・法律相談センター運営特別委員会は、新規則第1条の弁護士業務対策・法律相談センター運営特別委員会となり、同一性をもって存続するものとする。
 

 

ファイルのダウンロードはコチラ
NO DATA
NO DATA

前のページへ戻る