規則集メニュー 50音順

重要なお知らせ

「 管財事件の手引(H31.4.1一部改訂)」を掲載いたしました。

メンタルヘルス・カウンセリング


ログアウト

沖縄弁護士会 規則集

 

外国法事務弁護士特別委員会規則

投稿日:2018年12月12日

外国法事務弁護士特別委員会規則
 
規 則 第5号
制 定 昭和62年8月14日
 
 (目的)
第1条 この規則は、会則第54条に基づき、外国法事務弁護士特別委員会(以下「委員会」という。)の組織及び権限並びにその運営の準則を定めることを目的とする。
 
 (組織)
第2条 委員会は5人以上の委員をもって組織する。
2 委員の任期は2年とする。但し再任を妨げない。
 
 (委員長及び副委員長互選)
第3条 委員は互選により委員長1名及び副委員長2名を定める。
 
 (委員長及び副委員長職務)
第4条 委員長は委員会を主宰する。
2 委員長に事故あるときまたは委員長が欠けたときは、副委員長があらかじめ委員長の定める順序により委員長の職務を行う。
 
 (招集)
第5条 委員会は、委員長が招集する。
 
 (委員会の職務) 
第6条 委員会は、沖縄弁護士会外国特別会員基本規程に定める外国特別会員の指導連絡等に関する事項、並びに沖縄弁護士会会長が付託するその他の外国特別会員に関する事項を検討し勧告することを職務とする。
 
 (議決)
第7条 委員会の議事は、出席した委員の過半数で決し、可否同数のときは委員長の決するところによる。
 
 (議事録)
第8条 委員会の議事については、議事録をつくり、委員長及び委員2名が署名する
 
附 則
1 この規則は日本弁護士連合会の承認があった日(昭和62年9月18日)から施行する。
2 沖縄弁護士会外国弁護士対策特別委員会規則(沖縄弁護士会規則第二十二号)は、この規則施行と同時に廃止する。
 
附 則
 第2条第1項の改正規定は、日本弁護士連合会の承認があった日から施行し、平成19年6月19日から適用する。

 

ファイルのダウンロードはコチラ
NO DATA
NO DATA

前のページへ戻る