規則集メニュー 50音順

重要なお知らせ

「 管財事件の手引(H31.4.1一部改訂)」を掲載いたしました。

メンタルヘルス・カウンセリング


ログアウト

沖縄弁護士会 規則集

 

事務局職制

投稿日:2018年12月12日

 事務局職制

 
会 規 第29号
 制 定 昭和49年4月1日
 
第1条 沖縄弁護士会事務局に左の職員を置く。
 (1) 事務局長1名
(2) 事務局職員若干名
ただし、必要ある場合は臨時職員を置くことができる。
2 沖縄市に事務局分室を置き、事務局職員1人を配置する。分室は当分の間那覇地方裁判所コザ支部庁舎の1室を借受けこれを使用する。
 
第2条 事務局長は、会長の命を受け、局務(第3条第2項の事務を含む)を統括、かつ、事務局職員を指揮監督し本会規則に定める事務を処理するほか会議、各種委員会等に出席して発言することができるものとする。
2 事務局職員は、上司の指示により担当事務に従事する。
 
第2条の2 会長は事務局職員の中から1名を指名して事務局長の職務を代行させることができる。
 
第3条 事務局は左の事務を掌る。
(1) 会印、会長職印、各種委員長職印の保管
(2) 理事会、常議員会その他各種委員会の招集手続に関する事項
(3) 弁護士名簿の登録、取消請求に関する事項
(4) 事務所の設置、変更等の届出に関する事項
(5) 文書の接受、配布及び発送に関する事項
(6) 会員及び各種委員会に関する事項
(7) 収入及び支出に関する事項
(8) 予算及び決算に関する事項
(9) 物品の購入、出納保管及び利用に関する事項
(10) タイプライタ-、リコピ-、その他附属品の管理事項
(11) 国選弁護人の選定とその報酬等の請求手続
(12) 無料法律相談、県交通事故相談の担当弁護士の割当と通知
(13) 和文タイプ印書全般
(14) その他会に関する事項
2 前項のほか左の事務を兼務する。
(1) 財団法人法律扶助協会沖縄支部
(2) 財団法人日弁連交通事故相談センタ-沖縄県支部
 
第4条 事務局長は、前条に定めた事項を事務局職員に各特定して分担処理させることができる。
  ただし、経理に関する事務は専任の事務局職員を指定してこれを行わせるものとする
 
附 則
 第1条 この昭和49年4月1日から施行する。
 
   附 則
 第2条2項の改正規定は平成6年3月25日改正し、平成6年4月1日より施行する。

 

ファイルのダウンロードはコチラ
NO DATA
NO DATA

前のページへ戻る