規則集メニュー 50音順

重要なお知らせ

「 管財事件の手引(H31.4.1一部改訂)」を掲載いたしました。

メンタルヘルス・カウンセリング


ログアウト

沖縄弁護士会 規則集

 

リーガル・アクセス・センター運営特別委員会規則

投稿日:2018年12月12日

リーガル・アクセス・センター運営特別委員会規則

第1条 沖縄弁護士会に、リーガル・アクセス・センター運営特別委員会(以下「委員会」という。)を置く。

第2条 委員会は、弁護士保険(日本弁護士連合会の日弁連リーガル・アクセス・センター設置要綱第2項に規定する権利保護保険をいう。以下同じ。)に関して、次に掲げる業務を行う。

(1) 沖縄弁護士会リーガル・アクセス・センター規則(以下「規則」という。)第1条の規定により設置されたリーガル・アクセス・センター(以下「センター」という。)の運営

(2) 規則第9条の規定により指名した担当弁護士又は被保険者がセンターによる弁護士紹介によらず自ら指定した弁護士に対する指導、報告の徴求及びこれに関連する業務

(3) 日弁連リーガル・アクセス・センター及び協定保険会社等(規則第1条に規定する協定保険会社等をいう。)との間の情報交換のための連絡及び協議

(4) 研修の企画及び実施

(5) 弁護士保険及びセンターの広報

(6) 前各号に掲げるもののほか、弁護士保険及びセンターに関する一切の業務

第3条 委員会の委員は、5名以上とする。

2 委員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

3 委員会に、委員の互選により委員長1名及び副委員長若干名を置く。

第4条 委員長は、委員会の事務を総理する。

2 委員長に事故あるとき又は委員長が欠けたときは、委員の互選により副委員長の内1名を委員長の職務を代行する者として選任する。

第5条 委員会は、委員長が招集する。

第6条 委員会の議事は、出席した委員の過半数で決し、可否同数のときは委員長の決するところによる。

第7条 委員は、委員会の所管事項に関して、正当な理由なく、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、同様とする。

第8条 委員会は、第2条の業務を行うために必要な事項を、細則で定めることができる。

附 則

1 この規則は、日本弁護士連合会の承認を得て、平成29年4月1日から施行する。ただし、第3条第1項の規定に基づく委員の選任のために必要な行為は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

2 この規則の施行後最初に選任される委員の任期は、第3条第2項の規定にかかわらず、選任された日から平成30年4月30日までとする。

3 第2条第2号の改正規定は、日本弁護士連合会の承認があった日から施行する。

 

ファイルのダウンロードはコチラ
NO DATA
NO DATA

前のページへ戻る