規則集メニュー 50音順

重要なお知らせ

「 管財事件の手引(H31.4.1一部改訂)」を掲載いたしました。

メンタルヘルス・カウンセリング


ログアウト

沖縄弁護士会 規則集

 

ホームページ運営細則

投稿日:2018年12月12日

 ホームページ運営細則

 
(目的)
第1条 この細則は、沖縄弁護士会ホームページ運営特別委員会規則第7条の規定に基づき、沖縄弁護士会(以下「本会」という。)のホームページの運営及びこれに必要な活動を行う権限に関して必要な事項を定めることを目的とする。
 
(編集権限及び責任)
第2条 本会の会長(以下「会長」という。)は、ホームページの編集につき、権限を有し、かつ、責任を負う。
 
(掲載の申請手続)
第3条 ホームページに情報の掲載を希望する本会の会員(以下「掲載希望者」という。)は、掲載依頼書を沖縄弁護士会ホームページ運営特別委員会(以下「ホームページ委員会」という。)に提出して、掲載の申請をしなければならない。
2 急を要する事項については、会長(会長に速やかに連絡を取ることが困難な事情があるときは本会の副会長とする。第6条において同じ。)に対して、掲載を希望する情報の概要を書面又は口頭で報告することにより、掲載の申請をすることができる。
3 前2項の規定にかかわらず、次に掲げる情報については、掲載の申請を要しない。
(1) 総会決議及び宣言
 (2)会長声明及び談話
 (3)会長メッセージ
 (4)本会の理事会、常議員会及び本会が設置する委員会その他の会議の議事録
 (5)本会のスケジュール情報
 (6)本会の会則、会規、規則及び細則
(7)本会の住所、電話番号、FAX番号及び本会の地図(情報に変更があった場合の当該変更事項を含む。)
(8)日本弁護士連合会、弁護士会連合会、他の弁護士会、裁判所、検察庁又は日本司法支援センターのホームページへのリンクに関する情報のうち、リンクに関する情報を掲載するページに掲載されるもの
(9) 誤字脱字の訂正、フォントの変更、ホームページ内の他の部分へのリンクの設定その他の掲載されている情報の内容に変更を伴わない修正
(10) 前各号の情報に準じ掲載依頼書の提出を要さずにホームページに掲載することが相当な情報としてホームページ委員会が認める情報
 
(掲載可否の判断手続)
第4条 ホームページ委員会は、掲載依頼書の提出を受けた場合において、当該掲載依頼書に記載された情報(以下「掲載依頼情報」という。)をホームページに掲載することが相当と認めるときは、当該掲載依頼書を会長に送付する。
2 会長は、ホームページ委員会から掲載依頼書の送付を受けたときは、掲載依頼情報について掲載の可否を判断し、その結果をホームページ委員会に連絡する。
3 ホームページ委員会は、会長から掲載依頼情報の掲載を承認する旨の連絡を受けたときは、掲載依頼情報をホームページに掲載する。
4 ホームページ委員会は、掲載依頼情報をホームページに掲載することが相当でないと認めたとき、又は会長から掲載依頼情報の掲載を承認しない旨の連絡を受けたときは、その旨を掲載希望者に対して速やかに連絡する。
 
第5条 前条の規定にかかわらず、次に掲げる情報については、ホームページ委員会が掲載の可否を判断することができる。
(1) 会員専用ページのみに掲載する情報
 (2)法律コラムに掲載する情報
 (3)新着情報に掲載する情報のうち、ホームページの更新に関する情報
 
(急を要する事項の掲載判断手続)
第6条 会長は、第3条第2項に規定する掲載申請を受けたときは、速やかに掲載の可否を判断する。この場合において、当該情報を掲載することが相当と認めたときは、ホームページ委員会又は担当事務局に当該情報をホームページに掲載させることができる。
2 会長は、第3条第2項に規定する掲載申請を受けた情報をホームページに掲載することが相当でないと認めたときは、その旨を掲載希望者に対して速やかに連絡する。
 
(掲載申請を要しない事項の掲載手続)
第7条 ホームページ委員会又は担当事務局は、第3条第3項に掲げる情報については、掲載が可能となり次第速やかにホームページに掲載する。
 
(雑則)
第8条 この細則に定めのない事項は、ホームページ委員会において決する。
 
附 則
この細則は、日本弁護士連合会の承認を得て、平成25年1月1日から施行する。
 

 

ファイルのダウンロードはコチラ
NO DATA
NO DATA

前のページへ戻る